◇ 旅行

神戸たのしい

3日目は神戸と三田。
イケアで60分お買い物ゲーム。私は植木鉢カバーなど細かいものを色々買いました。

Dscf0569

続いて南京町へ。しばしの自由行動の後、昌園さんでランチ。
前に1回来たことあるんだけど、夫がここのチャーハン気に入ってるの。
だから、お持ち帰りお願いしちゃいました。 むひひ~

続いて三田へ。
ビール工場見学&試飲チームと、アウトレット買い物チームにわかれたんだけど、
私はひとりバスジャックしてエスコヤマへ…
小山ロールを買おうと思って並んでたら、お姉さんが配りに来た整理券、2時間後お渡しだったの… 残念無念。
しかたないので30分並んで、小山ぷりんとケーキを買いました。
エスコヤマさん、なんと今パティシエが50人もいるらしい。潜入してみたいわ。

バスでディズニーのDVDなぞ鑑賞しつつ、米子に戻って参りました。
夕食は家で昌園チャーハン&エスコヤマドルチェ。 そりゃぁ夫喜んださ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USJこわい

Dscf0518

あさごはんもブッフェ。和洋なんでもあり。
カレーが出てないかと密かに期待してたんだが、なかったわ…

Dscf0524

この日は小グループ行動の日で、子連れチームはUSJへ。
エクスプレスパスの使えるところ狙いで攻める。
野々花スパイダーマンで大泣き。母も怖かったさ。
marinkaさんの義理の兄上がキャストをされているウォーターワールドでは、
なんと優先入場させていただきました。すげーーー
最後には記念撮影までして頂いて、ほんとこんなことないからね。感謝感謝。
ジュラシックパークでびしょ濡れになって、雨も降りだし、後半は寒々だったけど、
おかげさまでいい経験させてもらいました~。

Dscf0537

お宿は有馬温泉の老舗旅館○○○○閣。
ビンゴにこどもカラオケで盛り上がってたんだが、ちょっと事件が…
小麦・卵アレルギー対応ということで出してもらったお子様ランチに、
あろうことか生麩(=小麦グルテン:極めて濃いアレルゲンの塊)が入っていたらしい。
2歳の子が気付かず食べてしまい、緊急搬送される事態に…
帰ってきたのは深夜12時を過ぎたあと。
翌朝料理長が謝罪に来たらしいけど、折角の楽しい夜を台無しにしておいて、なんか、ことの重大さがわかってない感じ。
グルテンの濃縮度からしたら、パン1個ぐらいは食べちゃったことになるんじゃない?
大事に至らなかったから良かったものの、子どもによってはアナフィラキシーで命も危ない大変なことだぞ。
せめて医療費ぐらいは旅館で負担して、たっかいお子様ランチ代金は返金して、それにやっぱり女将さんが謝罪すべきだよね。
てか、私が女将ならそうするよ、絶対。
ピンチをチャンスに変えるってそういうことでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

淡路島ひろい

Dscf0451

こどもも一緒に事務所旅行に連れてっていただきました。
貸切バスの最後部サロンにて、ご満悦の子どもたち~

Dscf0454

瀬戸大橋を渡って、わら家さんで釜揚げうどん。
時間がなくて大忙しだったのが残念。 古民家風ですごく雰囲気良かったよ~

Dscf0466

鳴門うずしお観潮でアクアエディ乗船。
海中は泡以外なーんも見えん。
それに上下フロア移動で三半規管おかしくなる。 クラクラ~

Dscf0484

イングランドの丘とかいうところで動物とふれあうはずが、ふれあい時間終わってたー 
幹事ダメじゃん。(←わだすだす…)

Dscf0492

お宿はウェスティンホテル淡路。
全ての部屋のドア横にクリスマス飾り、ちょーかわいい♪
これが噂のヘブンリーベッドですぜ。
ここにベッカム様も泊まったのだ。ぐひひ。(絶対違う部屋だと思うが)

Dscf0504

夕食はブッフェ。
和風ソースのローストビーフが美味しくておかわりしちゃった。
定評通りたいがいどれも美味しいんだが、意外なところでカレー!
さすがホテルやね。 淡路特産の玉ねぎカレーのウマいこと!!! 
ルームサービス頼むと2000円のカレーさ。
これ食べにまた行きたいぐらいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小豆島の旅 2日目 

Dscf1708

おはよーございます。
お部屋に新聞が届いてました。
ちょっと前までは、桶に新聞とビン牛乳が入って届けられてたんだって。
これにも魅力を感じてたんだが、牛乳やさん廃業しちゃったとかで…残念。

Dscf1743

Dscf1744

Dscf1713

お目ざめ朝ごはん。籠がカワイイ。
ひと部屋ずつ、土鍋で炊いたごはん。
おこげは男性陣には不評ですが…
2釜も準備してくださったようで、がっつり頂きました。

Dscf1716

昨夜お部屋の冷蔵庫に入っていたお目覚めデザート、さつまいものムースを頂きました。
切子の器が素敵です。

さぁ、今日もいい天気!
まずは二十四の瞳映画村へ。

Dscf1723

海のまん前の木造校舎。いいね~。
いっとき私の通ってた校舎もこんな古いとこだったから超懐かしい。

Dscf1726

その後、寒霞渓(かんかけい)へドライブ。
このへんは紅葉がたくさん自生してるから、紅葉もいいだろうな~
寒霞渓の売店は、規模が大きいし全品10%引きです。
でも店員さんの態度はちょっと…
向かいのお店でずっと欲しかったモミジの盆栽を買いました。嬉しい♪

Dscf1734

Dscf1733

Dscf1729

続いて銚子渓自然動物園お猿の国へ。
ここは約500頭の猿が放し飼いになっていて、我らのまわりをウロウロ。
小猿はカワイイんだが、オトナ猿ちと怖い。
餌付けは人間が逆にオリの中に入るというシステム。
これも体験したんだがね、すごいサバイバルで壮絶よ。マジで。
野々花も超ビビってた。

山を降りて、高松行きのフェリーに乗り、うどんを食べる。
という予定だったのだが、うまいこといかず、断念。
日曜開いてるうどん屋さんが少ないからね、めっちゃ行列なのれすよ。

Dscf1741

まいっかー、また来れば(^-^) てな感じで、高松はドライブしただけ。
瀬戸大橋を渡って、岡山へ。
夫両親を駅に送り届け、うどんモード冷めやらぬ我らは、岡山インター近く丸亀製麺でうどん食べて帰りました~
いいのいいの、満足満足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小豆島の旅 1日目 その弐

続いて建物探検。

Dscf1644

Dscf1640

Dscf1643

玄関、ロビー、売店。 フツーのお土産はナシ。 こだわりの商品しか置いてません。

Dscf1651

Dscf1645

母屋の囲炉裏。かぞえきれないほどの種類の果実酒が置いてあります。
野菜やハーブのお酒なんかもあって、お願いすると頂くことができるそうです。

Dscf1654

Dscf1656

2階にあがってみると、海が見えました。
お醤油やさんなのか、煙突からもくもく煙が上がっていい風情です。

そして温泉。
貸切状態だったので写真撮っちゃいました。(奥の露天にばーちゃんと野々花が)

Dscf1664

Dscf1669

アメニティも井上誠耕園という小豆島のオリーブオイルから作られたものを採用されてます。 (けっこう高級品)

お部屋でまったりしているうちに、お夕食の時間に。
スタッフさんがお迎えに来てくださって、母屋の個室に案内してくださいました。
ちゃんと、おしながきがあります。 ふむふむ。

Dscf1675

Dscf1676

Dscf1673

醤油懐石と聞いていたので、全部お醤油味かと思ったけど、そんなことはなくて、小豆島らしさが随所に表れたお料理でした。
おしながきにはないのですが、特別料理ということで、大きな渡り蟹まで出してくださって…
私が一番気に入ったのは、オリーブの天婦羅。
小引きうどん(細く延ばす前のうどん状の素麺)についていたんだけど、この地中海の素材を天婦羅になんて、よく考えたな~と思って。
お料理はどれもそれぞれに美味しかったんだけど、器もほんとうに素敵でした。
おしぼりに緑というのも素敵。真似するぞ~

Dscf1705

ミニ縁日。万華鏡を覗いています。 
ふくろう探しで、昔ながらのおもちゃをもらってご満悦なののさん。
ノスタルジ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小豆島の旅 1日目 その壱

Dscf1602

あのお宿に泊まってみたくて、夫両親を誘って小豆島に行ってきました。
岡山で合流し、フェリーに乗ること70分。
さすが小豆島。屋根より高いオリーブの木や、醤油蔵・佃煮屋さんがそこかしこに。

Dscf1603

お宿の近く、マルキン醤油に立ち寄ってみました。
この辺は醤油蔵通りと呼ばれるほど、醤油蔵が並んでいて、醤油の香りというより、
“もろみ”の香りが街にプンプン漂っています。

Dscf1605

しょうゆソフトを食べました。
カンロ飴みたいな味がするのかな?と思ったら、キャラメルみたいな感じでした。

Dscf16051

お宿は島宿真里さん。
それぞれ趣の違う7つのお部屋につけられた名前は、
ひし、お、で、も、て、な、す。(醤でもてなす)
予約のとれない宿として有名な上、毎週月曜と第一土曜日だけしか子連れでのお泊まりができないというから、2ヶ月前の予約開始日には、1時間40分電話をかけ続けて、第一希望のお部屋の予約をゲットしたというわけ。

Dscf1672

Dscf1635

蔵を改造した“ひし”のお部屋。
7つのお部屋のうち、唯一こちらは重要文化財登録がされています。
まさに古民家。こういうの大好き!

Dscf1632

お部屋にて、まずは揚げたての海老せんべいと、グリーンティーを出していただきました。
左の小さな切子に入っているのは、コースターサイズの古布のおしぼり。
この発想ただものではない。

Dscf1606

Dscf1615

Dscf1614

お部屋はメゾネットタイプ。
1階が掘りごたつのお部屋で、2階がベッドルーム。
今日は1階にもおふとんを2組敷いて頂きます。

Dscf1623

露天風呂もついてます。この小さな坪庭が気持ちいい。

Dscf1618

Dscf1617

洗面所とトイレ。

Dscf1619

冷蔵庫には香草茶とお水が、ステキなボトルで入れてありました。
香草茶のハーブはレモングラス。お風呂上りに最高だよ~

Dscf1620

お風呂セットは、ひとり分がこの籠に入っているの。
巾着袋よりうんとスマートにお風呂に行けるね。

Dscf1658

さらに、こんなものが。
お部屋に小さいふくろうを3つ隠してあるので、それを全部みつけて、夕食のお部屋に持って来てね、そしたらプレゼントがあるよ(^-^)
とのこと。 これは楽しいね。
1つはすぐにみつかったのに、あと2つがなかなかみつからず、苦労したけど(^^;)
お子様日のお楽しみとして、今日はミニ縁日もあるらしい。
さすがです。真里さん。 

次回へ続く・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手がくさい

Dscf0606

昨夜の潮干狩りの成果はこんな感じっす。
使ってない食器洗いカゴがあったので、それに獲れた貝を並べ、海水をヒタヒタにして砂抜きしながら帰ってきたの。
あ、勢い良く潮を吹くとネットで見たので、スーパーでもらって準備して行ったりんごの発泡スチロール箱に入れて、横には氷も少し入れて温度が上がり過ぎないようにして。
車で揺れたら吐かないかと思ったけど、ちゃんと砂吐いてたよ。

Dscf0599

サザエみたいなのは夫が深いところで獲ったアカニシ。平べったいバチみたいなのはタイラギ。バフンウニも結構デカイ。
リリースサイズもあるけど、そこは野々花も頑張ったのでお許しを。
タイラギは開けてびっくり、貝柱のあまりの小ささにショックすら覚えたわ。
夫が今夜うちで夕食食べられないので、疲れた身体にムチ打って、早起きして刺身定食。
こんな貝なんて料理したことないから、ネットで刺身にする料理法を探すとこからだ~
アカニシ、貝が頑丈すぎてどうしても割れんので、2階の窓から駐車場のアスファルトめがけて投げつける。
(朝っぱらから、騒音すんませーん。)
取り出した身を塩もみして薄切りにして、ちゃんとお刺身になりました。
アサリはお味噌汁にして、半分は冷凍。
小さいアカニシは茹でて貝から外して、甘辛く煮てみた。
つ、疲れた… そして、手が… 貝くさっ…
まぁ、美味しかったのでよしとするーーー

Dscf0613
Dscf0615

そういや今日からののさん、週イチでスイミング。
思いがけず、幼稚園のお友達が同じクラスで、初回からとっても楽しかった様子。
同じ小学校に行くお友達もできるといいけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島・香川・岡山の旅 2日目

Dscf0519

今回のお宿は、津田の松原にあるホテル。
波の音と共に眠れるのは良かったけど、ハード面、ソフト面、コスパ、いろいろ残念。
目の前が海なので、ちょろっとビーチを散策して、
今日の1つめの目的、うどんツアーへ出発。

Dscf0534

1軒目。馬渕製麺所。
開店と同時に入って朝ごはん~
愛想のない感じがイイ。まさに製麺所。

Dscf0537

2軒目。まえば。
ここは観光客よりも地元の人の出入りがすごい。
うどんや天婦羅をビニール袋に入れて持ち帰る人が多いこと!
ガイドブックに「かけだしは宇宙一」って書いてあったけど(笑)
とにかく、おだしがめっちゃ美味しかった。感激です。
半熟卵のてんぷらもウマー♪
お腹すいてたらおかわりしたいぐらいでした。

Dscf0549

3軒目。なかむら。
自分でネギを切って、納屋で食べるというスタイルが、讃岐うどん人気の火付け役になったとも言われるお店。
でもここまで人が来ると、ネギも切ってあったわ。
とにかくすごい行列で、2時間待ちとのことで迷ったけど、せっかくなので並んで食べた。

で、結論。2時間も並ぶことはなかったな~
並ぶ並ばないを抜きにして、私がいちばん美味しいと思ったお店、
本日の優勝は、断然まえばさん!
また食べに行きたいな~。オススメっす。

相当お腹も満腹になって、いよいよ本日のメインイベント。
瀬戸大橋を渡って、岡山へ。
王子が岳の沖合にある、春から夏の大潮の日の干潮時にだけ姿を現す幻の島、高洲へ潮干狩りに行くのです。
その高洲まで渡してくれる からこと丸 さんの船着場は人で溢れ、駐車場も入りきれないほど。(警察も取り締まりに来てたのでご注意)

Dscf0564

行列に並んで3便目にやっと船に乗り、干潟となりつつある高洲へ上陸。

Dscf0568

まだ干上がっていない浅瀬には、逃げ遅れたイカやエビの赤ちゃん、おもしろいカニもいたりして。(もちろん観察後リリース)
夫は深いところでアカニシとタイラギ狙い。私と野々花は波打ちぎわでアサリを採る。
最初はなかなか採れなかったけど、ちょっとコレほんと、時間を忘れて夢中になるね。
地面からピューっと吹き出る潮が途中から急に怖くなった野々花は、途中から半ベソ。
「おもしろかった?」って聞いたら、「もう来たくない」って…(-_-;)

Dscf0584

あっという間に2時間がたち、潮も満ちてきたので船へ戻る。

Dscf0588

初心者にしては結構採れたと思ってたけど、船で並んだ皆さんは、ベテランなのか、すごい成果。
おばちゃんに「すごいですね~」と声をかけたらコツを教えてくれました。
波打ち際じゃなくて、もっと水のあるところを掘ったらよかったみたい…

Dscf0594

海水をペットボトルに汲んで、ごはんを食べて、米子に戻りました。
成果はまた次回~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徳島・香川・岡山の旅 1日目

Dscf0439

GW中は夫仕事だったため、世間より一足遅く、四国の旅。
瀬戸大橋、いい天気!

Dscf0446

まずはまっすぐ徳島へ。
お昼に いのたに さんで徳島ラーメンを食べました。 
私には濃すぎて、正直、あんまり好みではなかったな。

Dscf0459

その後、阿波おどり会館 で、阿波踊り見学~ 
昔からの踊り方の変遷、花鳥風月と4種類の踊り方があること、着物の着付け方や、帯の結び方とかも、とても興味深く、楽しめました。
きれいなお姉さんや、おっちゃんたちのキレのある踊り、なかなか本番当日には来れないから、いつでも見れるのは嬉しいね。

Dscf0476

その後、鳴門に移動し、小型高速船 に乗って、間近でのうずしお見物。
ちょうど大潮の絶好のタイミングということもあって、ド迫力でしたな。

Dscf0506

ちょっと早めの夕食は、鳴門鯛を頂こうと、びんび家 さんへ。
鯛めし… 私、鯛のお刺身が乗ったご飯を期待してたけど、釜飯でした…
ほかに刺盛定食、車海老の天婦羅、オコゼの唐揚など頂いて、どれも美味しかったんだけど、私が感動したのは、定食メニューについてくる、ワカメだけのお味噌汁。
いつも鳴門の塩蔵わかめ買って食べてるけど、比べ物にならんね。
産地のワカメはなんちゅー旨いんだと思って、ちょっと衝撃でした。
店先の売店で聞いたら、店で出してるワカメだというので買って帰ったよ。
お店の前にはずっと行列。人気あるんじゃね~。大満足でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

西宮・神戸へ

本日も晴天なり。 暑い…

まずは、西宮の anjicoさん へ。
器を探していたときに、ビビビッ!と来た石岡信之さんの個展が先月行われていたこのお店。
色んな方が「行ってきましたぁ♪」とブログに書いていて、大盛況だった模様。
ほんまに、ほんまに、そのとき行きたかったんじゃけどねー(泣)
今や超売れっこ作家さんとなって、入手困難を極める石岡さんの器。
少しだけ残っているとお聞きしたので、期待しつつ…

Dscf2704

とーっても閑静な住宅街に、ほんとに誰も気付かない感じで建っているこのお店。
佇まいからしてめっちゃお洒落。
お店のオーナーさんは素敵なマダム、場違いな感じに気が引けたが、そんな気持ちはすぐに打ち消される。
素敵なインテリアに素敵な器、マダムはとっても気さくに色々お話してくださって…
石岡さんのうつわは、今回はご縁がなかったけど、迷って迷って、渡辺桂子さんと、十河隆史さんのうつわをお迎え。(このコたち) しみじみ嬉しい。
カフェスペースがあり、「何かお飲み物お出ししますよ~」と言って下さったのだが、夫が待っていたので断念。
あぁ…ほんまに素敵すぎて、住みたいぐらいよ。 名残惜しかったわ。

シアワセな余韻に浸りつつ、次は神戸・南京町へ。
駐車場を探すも、なかなか空いてない! しかも高い!
どうにかこうにか車をとめて、広場へと歩く。
前に来たときに、あるお店で食べたチャーハンの旨さを忘れられない夫。
もう一度同じ店で食べる?と思ったが、「他の店でもいい」と言う。
そうだよな~。 2回目食べたら大したことなかったってパターン、よくあるもんな~
民生広東料理店 、前に来たときは恐ろしい大行列だったけど、今日は列が短い!
…ということで、並んでみた。

Dscf2722

有名な、いかの天ぷら(1,600円ちと高い)と、チャーハン、五目やきそばを食す。
いか天うまい。 皆で奪い合いだ。
焼きそばも、麺の硬めに焼き付けた感じがかなり私好み。
旅に不足しがちなお野菜もたっぷり頂いて、大満足にて店を出る。
店に並んだのは10分ぐらい、他にはちらっと1軒お店を見たぐらいだが、
駐車料金1,600円とは恐るべし。
あぁ、昨日に引き続き、なんと財布の軽いこと。 都会は怖い。

続いては、散々親の行動に付き合ってえらかった野々花のお楽しみ、王子動物園
先週ゆーた家が行ったとのことで、「暑いぞ暑いぞ大変だぞ」との忠告。
なのでほんとは朝イチで来たかったのだが、諸般の事情により難しく…
さすがに真昼間は避けて夕方に相成るが、ところがこれが大正解。

色んな動物のお食事タイムと重なり、どでーんとお尻を向けて寝ていたパンダ達も、両手で笹を持って食べている活き活きとした姿。
象がカボチャを足で踏んで割ってから食べていたのにはビックリ。
そのかぼちゃやにんじんを、器用に干し草で巻いて食べるのに更に感心。

動物ふれあいコーナーでは、ビビリ野々花が恐々だっこしたモルモットがなんと膝の上でポロポロと脱糞! 大パニックでモルモットを突き飛ばしてしまう(汗)
その次にウサギの順番が回ってきたのに涙目&テンション低い。

Dscf2756

夕方とは言えやはり暑い暑い炎天下、水分補給しながらも、キリンやカバや色々見れて喜ぶ。
ワニの看板はあるのに、当人おらんかったなー。
もう遅かったから部屋に帰ったんかなー。
駐車場の料金所のおっちゃんに「今から鳥取に帰るんかー!」と驚かれる。

帰路、野々花はあっという間に爆睡。
やはり3時間弱で帰れるのは本当にありがたい。
まさか我が家が鳥取県民になりきるとは思っていなかったが、高速も少しずつ開通してきたし、これからますます関西が近くなるんだろうな。
そんなに遠くないから、動物園のおっちゃんも鳥取においでー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧