« びっくりマッシュルーム | トップページ | 焼肉のタレを作る会 »

親がに丼

一昨日解禁になった松葉蟹漁。
親ガニ(メス)が5杯で1,000円だったので買ってみました。(たぶん地元底値)

水からお鍋に入れて、沸騰して15分。
(我が家では、茹で汁はお味噌汁にしたいので、塩は入れません。
 ほぐし身にしてからお塩をパラリ。)

いざ、解体はじめ!

Dscf021

まずは、足を全部、キッチンばさみで切ります。
関節で折って、軟骨を一緒に引き抜きます。

Dscf022

手先の方は関節で折って、
根元の方(食べる方)の両端をハサミで切り落とします。
この時、太い方(ここでは左側)は、いちばん太いところで切り、
細い方(同右側)は、ちょうど折った関節が入る太さのところで切るのがポイント。

Dscf023

太い方の殻の中に、手先の方を押し込んで、カニ肉を押し出します。
ところてんの要領です。

甲羅と卵をはずして、内子とカニミソは別にとり、肩は半分にスライスして身を出せば、
ほうら、できあがり♪
(我が家は捨ててしまいますが、お好きな方は卵もどうぞ…)
(追記:数日後、鯛喜さんで頂いたカニ汁に卵が入れてありました。「今まで捨ててたけど味噌汁ならイケル」と夫。)

押し出し棒(手先のこと)をサイズ別に用意して、使いまわせば早いです。
今日も親がに5杯の身出しに1時間かかりましたが…

Dscf0236

親ガニ丼です。
珍しく「ウメー!」とがっつく夫。
昨日のおでんも、味がしみて美味しくなってました。

お取り寄せしたくなってきた? 

|

« びっくりマッシュルーム | トップページ | 焼肉のタレを作る会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218927/17020605

この記事へのトラックバック一覧です: 親がに丼:

« びっくりマッシュルーム | トップページ | 焼肉のタレを作る会 »