« 接遇研修 | トップページ | 道の駅まつり »

夫の実家へ

鳥取市には、高速道路が通っていない。
一番近いインターチェンジは、なんと70kmも先。
(ほんとこれじゃ陸の孤島ですわよ)
つーわけでずっと迷っていたETCをこの夏ようやく装着。
初の深夜割引を体験してみることに♪
(休みも3日しかないけぇね~)

朝4時までにインターを通過すればいいらしいので、深夜2:30に家を出発。
すごい霧の中、交代で運転しながら、夜明けとともに実家到着。ふぅ~

とりあえず朝ごはんを食べさせてもらって、眠りにつく者、まったりする者…
今日はちょうど温泉が定休日なので、7年前まで住んでいた徳山まで、みんなでおでかけすることに。

Dscf0985 ランチは夫も私も大好きだった
手打ちうどん くうかい へ。
麺がなくなり次第、店じまいするこのお店、1時すぎに私たちが店に着いて、並んだ行列を見たご主人、ジェスチャーで「看板ひっくりかえしといて~」って、お客さんがひっくり返してました(笑)
そう、われわれで「本日は終了しました」。
おぉっギリギリセーフ!

Dscf0986

待ち時間にうどんができる様子を見るのも楽しく、こどもたちはずっとその前にへばりついてました。

(兄さん、カメラ目線どうもですー)

そしていよいよ店の中へ。

ここはうどんも超美味しいんだけど、人間関係がまた面白い。
お兄さんと弟さん、お兄さんの奥さん、パートさん2人、という感じなんだけど、いつも弟さんが、お兄さんや奥さんに怒られてた様子は、7年たってもそのままでした(笑)
奥さんがおもしろいんじゃけー。お客さんの前でもぶち怒るけーね。
笑っちゃいけんと思うけど、笑いをこらえるのが苦しい!ククク
見るからに豪快系なんだけど、客への心配りは本当に細やかな奥さん。
見てて気持ちいいよ。(大ファンです!)

Dscf0990 私のイチオシ、「冷やしぶっかけ」の「しっかり」。(380円!)

ホントはセルフの列が温泉卵の前に行ったら卵をとるつもりだったんだけど、それにたどり着く前に会計全部済ませてもらってたみたいなので、これでよしとしました。

天かすも、後々までサクサクやし、ツルツルのうどんとおだしが、ほんとめっちゃうまかった。
お願い!うどんもみなさんも、ずっとそのままでいて!

  ◆手打ちうどん くうかい
  山口県周南市栄町2-26   
  TEL 0834-32-9811 
  営 11:20 ~ 麺がなくなるまで
  休 日曜・祝日
  P なし(公園の横に路駐してます)

さてさて、ここから男性陣とは別行動。
女性陣は、ザ・モール周南へお買い物に行きました。
なんって久しぶり~♪♪♪
ARMENのキルトコートとか置いてるセレクトショップもできてて、ちょっとおされになったんでないの?
お母さんに子供服を買ってもらったり、ジェラート食べたりしました。

夕食は、予約していた 酔牛亭 へ。
酔牛亭コース2,100円を頂きました。

Dscf0991

徳山に住んでたときは、1,600円ぐらいで、スープもパイ包みだったり、デザートもゴージャスパフェだったりしてたのに、ちょっと変わったわね(^^;)
でもこのお値段でこれなら満足の美味しさでした。

  ◆酔牛亭
  山口県周南市遠石3-9-6   
  TEL 0834-31-9353 
  営 11:30~13:40、17:00~20:40
  休 不定休
  P 2台(ほぼ路駐)

ところでワタクシ、本日2時起きでございまして、えぇ、もうヘトヘトの頂点。
しかししかーし!今日は隣の地区の神社のお祭りで、石見神楽があるという。
島根県西部では祭りには欠かすことのできないこの神楽。
1回だけ見たことがあるけど、夜の9時~深夜1時ごろまで、色んな演目を延々と。

神楽っていっぺん見れば子どもは大好きになってしまうらしい。
でもビビリの野々花はどうだろう?
超疲れてるし、またにする?
って言っても次に見れるのはいつになるんだ?
こんな時期に帰省することめったにないからね。
どうする?どうする?
めっちゃ迷ったけど、チラッとだけ行ってみることに。

Dscf1007

聞けば神楽保存会というのは、地域の青年会みたいな感じで、素人さんが集まって練習を重ねているのだとか。
舞いを演じる人、笛や太鼓の人、皆若いのにすごいよ~

Dscf1019 最初はあまりの音にビックリして泣いて後ずさりしてた野々花だけど、覚悟を決めて一旦見てしまえば、あらあらふしぎ。
ほんとに喰いついて見てますぜ。
正直わたしにはこの神楽の面白さはサッパリわからんけど、夫もこうやって小さいときから見て育ったんだもんな。
野々花にも神楽好きのDNAが入っているのかも。

いやいやしかし、寒かった。
次に行くことがわかってたら、厚手のジャケットが必要だわ~

|

« 接遇研修 | トップページ | 道の駅まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218927/16784007

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の実家へ:

« 接遇研修 | トップページ | 道の駅まつり »